2階. まる見えの洗面台 タオルのたたみ方

1階から2階へ上ると、まずは洗面台が見える。なので、ここはいつもきれいにしておかないといけない。それは、いい事なのかもしれない。仕方ないから、片づける。このコロナ騒ぎで、すぐ手を洗ったり、うがいするのには便利だ。毎回、こまめに拭く習慣ができる。しかしここも大きな問題点は、音が響く。人が来た時、大きな音を出して、うがいするのははばかれる。オープンな家というのは、プライバシーがかなり阻害される。今は二人暮らしだからいいけれど、大人数の場合は、大変だと思う。

ゼラニューム

【今日の花】 ゼラニューム

水枯れに強く夏のベランダを明るくしてくれる。よくマンションのベランダにきれいに咲かせている家を見る。お花が好きなんだろうな!と嬉しくなる。ヨーロッパの街並みにもよく写真に載っている。旅行に行って帰ってきたら、植物たちは元気がなくなっていたが、ゼラニュームは元気で花を咲かせていた。乾燥に強いんだな、とわかった。花はきれいだが、匂いがきつい。それも臭いと言った方がいい。この匂いがあるので、家の中にはあまり入れたくない。本当は、冬は家の中がいいらしい。でも、日本の寒さも大丈夫みたいだ。

大きな洗面台 

最初に洗面台というレイアウト、ここはとにかくオシャレにしたいところだ。

しかし、一番水回りは汚れる。一番大変だ。

オシャレな家の写真を見ると、とてもスッキリしている。テッシュも出していない。それで真似てみて、引き出しに入れてみた。

が、やはり、テッシュは出しておいた方が便利そうだ。慣れればいいのかな。

かなり断捨離したので、引き出しにテッシュボックスを入れても問題はない。なるべく、ものはおかない方が掃除が簡単だ。

ハンドソープは必需品。

日焼け止めと化粧水ぐらいはいいと思う。引き出しを開けるといううのは、一手間だ。

おしゃれな人は、これもしまうのかな?

または、色を揃えるのかもしれない。オレンジは目立ちすぎるかもしれない。

しかし、私はそこまでこだわる気はない、というか気にはならない。

こだわる人は、ハンドソープの水色も気になるかもしれない。

写真で改めて見ると、白一色にしたらオシャレに見えそうだ。

Sol
Sol

僕は美男子だな!!鏡さえきれいなら、気持ちいいよ!

洗面台をきれいにするのは、誰でも言うように毎回こまめに拭く事だと思う。この習慣さえあれば、OKだ。

昔会社の友達に言われた。”あの人の後の洗面台は、髪の毛が落ちていてすぐわかる” 。怖い!と、思った。それ以来、洗面台に髪の毛が落ちたら、会社では捨てるようにした。

気にしないと、全く気になららいが、気にすると気になるものだと、つくづく思った。

髪の毛というものは、本当に厄介なものだ。

季節によっては、異常に落ちてる。自分でもびっくりする。

子供達が髪の毛が長い時は、本当にすごかった。

Sol
Sol

僕の毛も半端じゃによね。本当に体中毛だからね。夏は暑いのだ!

ハンドタオルは、普段は出していない。自分使いは、ぶら下げている。

外から来たお客様だけ。

畳み方を、雑誌で見てやってみたら、簡単でとても気に入っている。

ホテル仕様のタオルのたたみ方 

さすがプロだと思った。ホテルではこう出しているのかな。今度旅行した時、みてみよう。

とても簡単で、端が見えないので、かっこいい。

3等分に折る。

適当で良い。大きさが違うハンドタオルは、同じような幅になるように折る。

折ったところ。

それを、半分に折るだけ。

なんかスッキリした感じ。

本当は、同じ色のハンドタオルだったら、もっとかっこいいのだろうけれど、ハンドタオルはいただきものが多い。なので、大きさや色もバラバラになってしまう。

捨てる気にはならないし、普段は、ぶら下げているタオルを使っている。一回一回洗うことはないから。お客様が来た時だけ、このように使ってもらう。

ぶら下げているタオルは、もっとかっこよくぶら下げる方法あるかもしれない。写真を見ると、かっこ悪い。

ちゃんとした、タオルハンガーや雑誌などのいいアイデアにアンテナ張っておこう。

でも取っ手がちょうどタオルがかけられるようになっている。

そのためなのかな。今頃気がついた。

もっと短いタオルをかければいい気がしてきた。

これは、バスタオルにも応用できる。

バスタオルの場合は、まず半分に折り、あとは同じ。3等分に折って、それを半分。面白いほど簡単で、効果あり。

面白くなって、普通のタオルも、バスタオルも皆この折り方で、我が家は今統一されている。

普通のタオルも三等分におって、半分にするだけ。

皆、知っていたのかな。初めて知って楽しんでいる。

【今日の絵】 いぬ

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました