カレンダーはインテリアになるか?

今まで、カレンダーをリビングに何気なくぶら下げていた。

いただくカレンダーは、それだけを見ると皆きれいで便利だと思っていた。

しかし、よく考えるとリビングの大切な部分を占める場所を、コマーシャル入りのカレンダーをぶら下げているのは、考えものだと気が付いた。

コリウス・ゴリラ

【今日のみどり】 コリウス・ゴジラ

葉の柄が楽しいコリウス。

その中で、一際大きな葉っぱになるゴリラ。

去年も買ってあまりにも大きくなって面白くて、今年も買った。

ラベルも、ゴリラが腕を上げて元気一杯。

”BIGに育つ!ジャンボコリウス GORILLA ゴリラ”

普通のコリウスの2倍以上になる。

もう花芽がある。

花は、小さいシソ科の花らしくピンクで可愛い。

大きくなって欲しいので、花はすぐ摘心といって摘み取る。

コリウスは、その葉の柄が楽しい。

緑、赤、ピンク、黄、黄緑、紫、白、複色などさまざまな色の葉を持つ。

葉を鑑賞するカラーリーフで、花に負けない鮮やかさだ。

そして、こまめに摘心するとどんどん横にこんもりと大きくなる。

摘心した枝は、挿し木にすればすぐに根付く。

丈夫な植物で、長く楽しめる美しい庭の彩りだ。

カレンダーを考えずに掛けていた!

カレンダーは、昔は年末になるといらないくらい、もらうことが多かった。

この頃は、ほとんどなくなった。

友達が我が家のきて、

”カレンダーかけている!!” と、言った。

”え?? 変??”

と、聞くと

” 変!!” だと、いう。

カレンダーを、リビングにかけるのは、おしゃれな彼女には信じられないらしい。

確かに、おしゃれな家にカレンダーというのは見ないと気がついた。

それで改めてみてみた。

リビングには、店のコマーシャル入りのカレンダー。

車屋さんでもらったカレンダー。

飛行機会社のカレンダーなどがあった。

トイレだけは、お金を出して毎年買っているカレンダーが掛けてある。

3階には薬屋さんの古い、有名な画家が描いたポスターみたいなカレンダーがある。

それなりに、気に入っていたが、部屋のインテリアと考えると合わないものが多かった。

一階からは、カレンダーは全部やめた。

花の写真などで綺麗だが、店のコマーシャルしているみたいだった。

もし飾るなら、気に入ったもので部屋とマッチングしたものにしようと思う。

さて2階、ここは飛行機会社ANAのカレンダーを毎年飾っている。

かなりのインパクトだ。

インテリアとしてあまり考えてなかった。

ANAのカレンダー

これは、いろいろなことが記入でき実用性もあり便利だ。

毎月いろいろな国の景色が見られ楽しい。

しかし、部屋に入ったとき目に付く。

かなりのスペースだ。

色合いとして、目立つ。

次の月の予定を書き込みたいので、ペラペラした感じになる。

カレンダーを、額縁に入れているインテリアを見たことがある。

そうなるとインテリアだ。

これも、額縁に入れてみたら、素敵なインテリアになるかもしれない。

しかし、額縁に入れるほど魅力的だろうか???

今月は、隅田川の花火だ。

このコロナ騒ぎで、今年は花火はみられないのかな?

この花火が、インテリアとしてマッチしているとは確かに思えない。

落ち着いた感じのものを考えてみよう。

卓上カレンダーは、皆やめた。

そんなにスケジュールは、必要ないことに気がついた。

1つ1つは花の写真やら景色で素敵だが、だいたいお店のコマーシャルがある。

それが、目障りだ。

今は100円ショップで、宣伝なしのシンプルなカレンダーがたくさん売っている。

色が黒とかで主張しない。

インテリアとしては、シンプルで使いやすい。

下手なコマーシャル入りカレンダーよりはいいと思う。

3階のポスターのようなカレンダー

3階のカレンダー

celaneseのカレンダー

アメリカの石油化学会社のカレンダー。

これはもうカレンダーというより、ポスター。

こういうカレンダーなら、額縁が似合いそうだ。

これは、2007年のカレンダーだが、素敵なので飾っている。

額縁に入れれば、インテリアになりそうだ。

ぶら下げるというのは、だらしない感じがする。

こんな素敵なカレンダーは、今はもうもらえない。

Sol
Sol

僕のカレンダー作ってよ!!

カレンダーは予定を書いたり、皆で確認したりして便利だ。

だが、インテリアとしてはどうだろうか?

見渡してみて、無造作にカレンダーをぶら下げていることに気がついた。

今年の12月にカレンダーを選ぶとき、インテリアとしてのカレンダーを視点にして考えよう。

もらいもののカレンダーは、本当に気に入ったものでなければ誰かにあげようと思う。

ジャン・ヴァンサン・セナックのカレンダー

もう20年くらい同じカレンダーを年末に1つだけ買う。

使う場所は、トイレ。

一番使う、皆が見るところだ。

Jean-vincent Sénac

それは、Jean-vincent Sénac(ジャン・ヴァンサン・セナック)のカレンダー!!

フランスのパリのイラストレーターで、ユーモア溢れるパラパラブックの第一人者。

1つ1つ見ると、可愛くて見飽きない。

デパートでも専門の文具屋さんでもいろいろなところで売っている。

毎月めくるのが楽しい。

去年は一色刷りになりさみしく、もうやめようかと思ったら、今年は多色刷りになってホッとした。

何十年も使っていると、他の選択肢がなくなる。

579の数字は、カズ君の断酒した日にちだ。

週一回を断酒の日と決めているようだ。

ネズミさんがトライアスロンしている。

自転車に乗ったり、橋いたり、泳いだり、、、かわいい。

象さんがネズミさんと柔道?

亀さんも陸上競技。

野球、サッカーなどのボールゲーム。

馬術などの近代五種競技。

みんなで水泳。

おかしなシンクロスイミング。

弓道。

スポーツクライミング

カエルさんの新体操

表彰式

今年はオリンピックの年だったから、それにちなんだカレンダーだ。

さすがに、パラパラブックの一人者、1つ1つが丁寧で楽しい。

これ以上のものは今のところない。

今年も買う予定。

【今日の絵】アイスクリーム

qoosol


コメント

タイトルとURLをコピーしました