作り付けの食器棚上の空間 花びん

1階と2階には、食器棚が作り付けられている。そして、一階の靴箱も作り付けの靴箱がある。その上に空間がある。デザインなのか、部屋を広く見せるためなのか、有効利用されていなかった。断捨離をしてみて、この良さが初めてわかった。

【今日の花】赤い百合

赤い百合

たくさん咲いていたのに、あっという間に花びらが落ちてしまった。百合は大きな蕾の時に切って家の中で咲かせるぐらいがちょうどいい。でももちろん庭で楽しめるから、切り花にすることはない。しかし、家の中にお花が飾られていると、家が明るくなり生き生きした感じになる。空気が一変する気がする。花でなくても、葉っぱでも同じだ。植物の力は素晴らしい!

食器棚の上の空間の力

今は、食器棚の上に母のコレクションの花びんを飾っている。

しかし、3月に断捨離する前は、あまり使わないすし桶とか家電ものなども置いていた。

社宅にいた時は、ものを置く場所に困っていた。食器棚の上などは、物でいっぱいだった。

断捨離なんてことは、全く知らなく、どんどん溜め込んでいた。

天井までものを詰めることは、大切だと思っていて、段ボール箱を黒っぽい布でカバーして、びっしり空間を埋めていた。

その習慣なのか、この家の作り付けの食器棚や靴箱の上が空いているのは、もったいないと思っていた。

空間を楽しむという感覚がなかった。

しかし、やましたひでこさんの断捨離の本を読んで、気が付いた。

見せる収納は、1割!

そこまでいかなくても、見せるという感覚というのが必要だと思った。

これでも5割かな。何もないのは寂しいし、私には1割も寂しい。

それで母の花びんを適当な間隔で並べてみた。

花びんも喜んでいるみたいだ。

ありがとう!!

我が家に来た友達は、この空間はいいね、広々見える、と言ってくれた。

作り付けは、高さ色が統一されて、スッキリする。特に天井の面積が広くなって、本当に広々する。

いろいろな工夫がされていたようだ。

またある友達は、これって、掃除が大変じゃない、と言った。

確かに、掃除にしくい場所で、新聞紙を敷いている。掃除好きな人は、気になるところなのだろう。

掃除の時は、新聞紙を取り替える。

Sol
Sol

僕は高くて上れない。何があるの??

洗面台の横の収納棚と高さも同じ。

ここにも花びん飾ってみた。ここは一つ。

一階の靴箱の上。ブーツなどの空き箱を置いていた。片ずけたり捨てた。

鉢カバーを飾ってみた。

ここは、2階から降りるときとてもよく見える。

下に新聞紙は敷くとみっともないので、白いカレンダーの裏を敷いた。

一階の食器棚の上。ここも鉢カバーを飾ってみた。

空間を生かすことができた気がする。

天井まで収納だったら、息がつまる。

断捨離の本はいろいろなことを気づかせてくれる。

ありがたい。

突っ張り棒 大活躍

この白い突っ張り棒は、友達のアイデア。

”棒ない?100均のでいいから。”と言われた。

ちょうどあったので、渡したら、ここ置いた。。そしてハンガーに自分のジャケットをぶら下げた。

すごい便利。洗濯ものなども吊るせたりする。一階に納戸のウォーキングクロゼットあるが、ちょっと来た時などは、これが重宝する。

このアイデアは、もう6年ぐらい前から利用している。いいアドバイスだった。

私の友達で、掃除・片付けの本当に上手な人が二人いる。

この二人は、汚れていたり、片付いていないと気になるみたいだ。

いろいろやってくれる、大切にしたい友達だ。

たまに来てもらうことが、私には必要だ。

花びんのコレクション

母はお花が大好きだった。

いつも庭で花を育てていた。野菜とかは、戦争中の思い出があるので育てなかった。

家にはいつも花がいっぱいで、ところ狭しと花だらけだった。

花びんの数も半端じゃない。かなりの数の花びんを建て替えるとき、知り合いに貰ってもらった。気にいったものを少し残した。少しでも、これだけある。写真を撮っていない花びんもまだある。

断捨離しなさいと言われるかな。でも有効に使うから、これらはもう断捨離する気は無い。

イタリアの花びん。図柄が可愛い。

母は、青い色が好きだった。

Sol
Sol

なかなか可愛い!!

やはり、花を活けるとと生き生きする。

これは珍しく和風。スッキリ使えるかもしれないが、大きい。

一輪挿しに便利。

これは私のお気に入り。ちょっと欠けているが色と形が好き。

フクロウの花びん 薄くて使いやすい。モッコウバラと。

クリスタルのガラスは清々しい。でも大きすぎる。これより大きのがたくさんあった。

背が低い花が、いっぱい入れられる。

これはいつもトイレにあった。くちなしの花とかジンチョウゲなど、香りのあるものが多かったな。なんとなく愛着がある、

白い花びんは、花を引き立たせる。アンジェラ一杯。

この花は造花だ。いつも入れてある。

この頃の造花は素晴らしい。花はいつでもあるわけではないので、いい感じだ。

これに、本物の葉っぱなど入れたら、全部が本物に見える。

レストランで素晴らしいなあ、と思う飾り付けに本物と造花を混ぜていると聞いた。これでボリュームも出る。いいアイデアだと思う。

上の花びんに本物の葉っぱと本物のバラを入れたことがある。

みんな素晴らしいと、感激していた。ほとんど造花だよ!と言ったらびっくりしていた。

絶対にわからないと思う。

【今日の絵】 赤ちゃん

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました