子猫が車内で消えた!ハンドルの裏に!

子猫が我が家の庭に、4匹急に現れた。

親猫と共に東南の角の皐月の間に、ニャーニャーと。

生後1ヶ月以上は立っているみたいだ。

我が家には、ラグドールがいるのでとても飼えない。

近所の人にも来てもっらって飼えないか聞いてみた。

皐月の下に母猫と赤ちゃん4匹

知り合いのタイ料理屋さんのオーナーが欲しいという、よかった。

まずは子猫捕獲

さて、捕まえようとしたら逃げた。

野良猫だから、当たり前だ。

でも、どなたかが餌をやっているのだろう、警戒心は薄い気がした。

家の前のマンションのお掃除のおじさんに子猫見ませんか?

と、尋ねたら、

マンションの〇〇号室の人が餌をやっているみたいだと教えてくれた。

”掃除人は見た”の世界だ!!

扉に、”子猫を買いたい人がいるので、連絡ください”とドアに連絡先を貼っておいた。

早速、次の日連絡あり。

捕まえてくれるとのこと。

しかし、難しくて捕まえらないと、連絡あり。

保健所ならアドヴァイスくれるだろうと、電話してみた。

係りの人が、ボランティアに連絡、捕獲してくれるとのこと。

保健所に電話してよかった。

ボランティアの人から、連絡がなかなか来ないうちに、友達の猫好きの男の子が、僕が捕まえる、と張り切ってやってきた。

マンションのその方の家に、猫のキャリーボックスと餌を持って早速お邪魔した。

彼は猫好きで、猫もある程度慣れていて、1時間ぐらいでキャーリーボックスの中の餌に惹かれ入った。

キャリーバックに

2匹入ったが、1匹は飛び出した。

しかし、まずは1匹捕まえられた。

母猫は、悲しそうに睨みつけている。

ごめんねm(_ _)m

ちょっと悲しくなる。

車・トヨタのプリウスで搬送

早速、キャリーボックスの子猫を車で運ぶことにした。

三人と子猫1匹。

約30分で到着。

新しい飼い主さんもキャリーボックス持ってご対面!!

逃げると大変なので、車の中でやれば移し替えよう、ということになった。

車の中で猫が消えた

ドアを閉め、彼女が車の中で移し変えることになった。

しかし

しかし

”猫がいない!!!”

と、

大の大人五人で捜索。

見つからない。

トヨタのプリウス、特に隠れるところはない。

ハンドルの下に少し入れる場所を見つけた。

もう、そこしかないと思った。

車の構造はわからないから、どうなっているのかがわからない。

通りがかりの人が、いろいろ尋ねてくる。

”どうしたんですか??”

神田警察の人まで呼んできてくれた。

駐車違反の場所ですが、そのような事情ならいいでしょう、と言ってくれた。

”レッカーで動かして、トヨタかガソリンスタンドに運ぶとしても、場所によっては熱さで死んでしまうかもしれない。”

”前輪だけ上げて運ぶより、全車を上げて運ぶ方がいい。”とか皆いろいろなことをいう。

知り合いの三井住友火災保険の人、トヨタの整備士の母、行きつけの獣医さんなどに電話したが、いい方法はわからなかった。

餌を置いたり、子猫の鳴き声をスマホから流したりもしてみた。

鳴き声ひとつしない。

子猫が無事でありますように!

JAFに加入していないが、JAFに電話してみた。

”成功するかわからないが、30分後に行きます。”と、いい返事。

これに期待するしかない。

雨も降り出してきて、五人でJAFを待つこと約30分。

“このようなことはあるのですか?”

と聞くと、

“あります。ハンドルの裏からは子猫など小動物は入れます!”

そうなんだ、とちょっと安心。

“プリウスの前面のパネルを外さなければならない、ですがいいですか?”

とのこと、もちろんok!

頭にライトをつけて、トンネル工事みたいに逆さに寝て大捜索!!

“いました!いました!”と、よかった。

なんとなく見えた。

JAFさんが必死に探してくれる

しかし、配線がたくさん!!

とても引っ張り出せない。

そこで、”もっと解体します。”と。

プリウスが、どんどんむき出しになっていった。

子猫も必死。

今度は右奥の方の逃げた。

棒などの長い棒で突っついたりした。

苦戦すること1時間以上。

尻尾が見えた。

新しい飼い主の奥さんにバトンタッチ。

彼女が尻尾を全力で引っ張った。

子猫が彼女の指を噛んだ。

”痛い”と悲鳴。

でも、彼女はめげずにケースに入れた。

かなりの傷だと思う。

大丈夫だろうか?

明日は医者に行かなければならないだろう。

とにかく、キャリーケース収まった。

大変でした。

JAFに加入していなかったので、費用は15000円ちょっと。

終わったのは、もう真っ暗な11時過ぎ。

猫の捕獲が5時ごろから始まって、帰宅は真夜中になった。

でも、子猫が無事でよかった。

そして、すごい素敵な飼い主さんでよかった。

車の中で小動物は、絶対に離してはいけない!!

今回で学習したこと、

車の中は単なる閉ざされた空間ではなく、小動物ならいくらでも入り込める場所がある!!

絶対に、絶対に、小動物を離してはいけない。

もし、見えなくなったら、ハンドルの裏には小動物が入る余地があり、ハンドル周りのパネルを解体しなければならない!

素人ではできそうもない。

JAFは、手際よくやってくれる。

以上、学習しました。

タイ食堂のヤムヤムサイアム 青山・神保町

今回の一大事件の新しい飼い主さんは、東京の青山と神保町でタイ料理のオーナー夫婦。

本当に心から優しく、素敵なご夫婦だった。

テイクアウトでは、3回食べたことがあるが美味しいタイ料理だった。

グリーンカレーのココナッツと辛さがちょうどよかった。

次回は、絶対お店に食べに行こうと思う。

手の傷は大丈夫だろうか?

8ヶ月の猫がいると言っていたが、相性は大丈夫だろうか?

聞いてみたい。

タイ食堂のヤムヤムサイアム 青山・神保町

青山店
銀座・青山・神保町のタイ料理なら ヤムヤムサイアムへ。本格的なタイ料理が食べたい、エスニック料理・辛い料理が大好きな方は、ぜひ当店へ。グリーンカレーやトムヤムクン・タイビールなど様々なメニューを揃えてお待ちしております。16名様で貸切できます。

【今日の絵】男の子

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました