手作りの麻雀台で健康麻雀

12年前に、テニス仲間9人で麻雀をやろう、と話が盛り上がった。

しかし皆、ど素人。

「子供の時、家庭麻雀をしていた。」と言ったら、私が教えることになった。

点数も数えられない、私が。

それで、”ゼロから始める麻雀”という本を買って始めた。

セブンブリッジというトランプ遊びも知らない人が半分ぐらいいた。

しかし今では、皆、点数を数えられるようになった。

継続は、力なりだ。

【今日の花】 赤い百合 球根で毎年咲く

赤い百合
満開の赤い百合

麻雀ルーム

麻雀パイは、家に2セットあった。

家族でトランプのような麻雀をしてお正月に楽しんでいた。

父も、全くできなかった。

母も全くできなかった。

あれは、トランプのセブンブリッジみたいのを、麻雀と呼んでいたのだろう。

でも、役はルールの紙をみながらやっていた。

唯一の畳の部屋

人が来た時、寝られる部屋。

麻雀には、最適。

近所の麻雀上手なおじさんが、麻雀台を貸してくれるということになって借りてきた。

かなり素晴らしいものだった。

おじさんは、板金屋さんを見つけ、この麻雀台に合うように、足を注文したらしい。

座って麻雀をやると。腰がいたくなるからだそうだ。

畳に座ってもできるが、この足をつければ椅子でできる。

高さもちょうど良い。

かなり、使い込んでいる台だった。。

Sol
Sol

まあまあな寝心地!

私たちも、椅子に座る方が楽なので、椅子でやっっている。

畳が痛むので、台を使うときはリビングでやっている。

コロナ騒ぎで、このところやっていないが、7月ごろから開始したいな。

どうだろうか。そのころは、世の中は、落ち着いてきているかな?

そう願いたい。

この台は我が家に来て10年以上。おじさんはもう要らないそうだ。

「いつでも返しますよ。」とは、言っているが、我が家の必需品になってしまった。

Sol
Sol

僕の寝心地としては、固いかな。でも、みんなが来ると遊んでくれるので嬉しい。

点棒も入れやすい。

フエルトに穴が空いているので、100円ショップで緑のフエルト買ってきた。

ボンドで貼り付けよう。

麻雀のイメージ

それにしても、検事長の麻雀賭博の話題は毎日マスコミを賑わせた。

違法な定年延長で、その地位にとどっまっているのだからしょうがない。

ひどい話だと思う。

だが、麻雀のイメージは、本当に悪くなった気がする。

私たちは、もちろんお金を賭けていない。

目的は、みんなで会って楽しい時を過ごすためである。

でも、多くの年配のサラリーマンの男性は、麻雀は賭けなければ麻雀じゃないと思っているのだろう。

ゲームの内容も変わってくる。

赤ドラやありありなど点数も、どんどん増えるらしい。

安くても早く上がること、相手の動向にすごく気を使うこと、1位になること、ビリにならないこと、などなどやり方も変わる。

お金がかかると人は、性格まで変わるような気がする。

本音と建前をすごく感じる。

麻雀を賭博と本当に思っている人はどのくらいいるのだろうか。

麻雀をやっている身にとっては、とても気になる。

健康麻雀は飲まない!吸わない!賭けない!

この頃、「健康麻雀」といって、飲まない、吸わない、賭けない、の3つを掲げた教室が流行っている。

認知症予防の効果ありとかで、朝から、高齢者が並んでいる教室も多いそうだ。

人と会い、話をし、頭も使い、ゲーム性もある。

とても面白いゲームだと思う。

友達に誘われ健康麻雀教室に入った。

1回目は体験で、無料。

4回分のチケットを買う。全部で一万円。

一回2500円だ。

朝10時過ぎから4時まで。

女性限定、お茶、おしぼり自由に使える。ビルの7階。

入ると熱気でびっくりする。

60名ぐらい女性で一杯だ。

高齢の人が多く、皆オシャレしている。

老人ホームに行くよりずっといいと思った。

若いお兄さんが4人ぐらいいて、わからないと手を上げると後ろでアドバイスもくれる。

半ちゃんで一番勝つと、シールなどを貼ってくれる。

くだらないようだが、嬉しい。

うまくできているシステムだ。

12時になると、お昼です、と言われ、切りのいい時に4人でお昼になる。

テーブルクロスなどかけて、皆お弁当を食べる。

私は友達と行ったが、慣れると一人で来る人が多いらしい。

毎月のランキングなども張り出されていた。

今のところもう4回分のチケットを買っていないが、老後一人だったら遊びに行ってもいいかもしれない。

私たちが、麻雀をやろうと言い出したのは、テニスは足や体が調子悪くなったら、できなくなる。

多分引きこもってしまうだろう。

そうならないように、みんなといつも会えるような何かをしようと、始めた。

大成功だ。

このところの夏の暑さは尋常ではなく、とても野外でテニスなどできない。

また、寒い日や風の強い日、もちろん雨の日もできない。

そんな時 集まってくだらない話をして楽しめる。また、いろいろな情報交換もできる。

本当に良かった。

簡単な麻雀台

夫に先立たれ、子供もいない友達が場所を提供してくれたりする。

お茶飲みばかりでは、寂しい。

この時の麻雀台はお手軽に作った。

アウトドア用の安い組み立てテーブルは1200円でニトリで買った。

四角い板にホームセンターでカットしてもらい、周りも四角い棒を組み立てると言って切ってもらった。

ボンドで止めて、100円ショップのみどりのフエルトを貼る。

これを、毎回ガムテープを両面テープのようにして机に貼る。

動かなくなる。

夢中になったり、会うきっかけになったりする麻雀は、これからの長い人生に楽しみを1つ増やしてくれた。

また、全然違う仲間から、麻雀できるの?人数足りないから、一緒にやらない、と声がかかる。

今までは、仕事があって、断っていたが、これからは参加してもいいかもしれない。思いがけない、いろいろな広がりを見せそうだ。

麻雀がこれから、暗いイメージではなく明るい楽しいイメージに、なって欲しい。

【今日の絵】お人形

絵手紙

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました