マキタ10.8V充電式クリーナー はスゴイ

マキタ(Makita)の掃除機はスゴイ!10.8V内部充電式クリーナー・紙パックは最高!

マキタの掃除機って、駅やショッピングモールでプロが使ってますよね。通販生活の愛読者である私は、いつも上位にランクされているマキタの掃除機が欲しいと思っていました。でも、ホームセンターや量販店にいくといろいろな種類があってどれがいいのだろう?と、わからなくなります。あとで、みてみようと思うとあっという間に月日が流れてしまいました。どうしても、必要というわけではないですからね。うちには、大きな高いミーレの掃除機がありますから。

でも、今回、意を決してこれがいいと思ったのを買いました。皆様の参考になればうれしいです。

【今日のみどり】 バジル

バジル
冬まで楽しめるバジル

買ってよかった!CL105内部式マキタ掃除機

マキタの掃除機は、もともとは業務用で、“新幹線を5分間で掃除する清掃員”や“ショッピングモールの清掃員”の方など、掃除のプロが愛用しています。「掃除機の出し入れが面倒」「掃除機が重くて掃除する気が起きない」といった掃除の悩みを軽くしてくれます。。

マキタ10.8V内部式充電式クリーナーCL105D.リチウム電池、紙パック式、重さ1kgを買いました。いろいろな種類がありますが、プロ使用ではなく一般家庭ではこれで十分だと思います。ホコリやごみが気になった時にサッと掃除できます。掃除している感が全くなくなりました。パワーもあって、軽いので疲れません。一家に一台は欲しいです。

ここがスゴイ!10のポイント

シンプルな機能・軽さ・コードレス!掃除機の概念が変わります。フローリング用のスティック掃除機として、手軽に使えるというのが最大の魅力です。

圧倒的な軽さ

本当に軽いんです。ミーレを使っている私にとっては本当にうれしいです。重さが約1kg!とにかく軽くストレスなく使えます。CL105は一番軽いです。
持ち運びも簡単で、段差もラクラク。億劫だった掃除に対する考え方が変わりました。

コスパがよい

安いのもうれしいポイント!価格が、1万円ちょっとです。他の掃除機と比べても圧倒的にコスパがいいです。その点でもCL105はおすすめです。

シンプルな機能


ボタンも、「切」と吸引力の「標準・パワフル・強」の3モードが切り替えられるスイッチのみ。そして重心が手元近くにあるので持った時のバランスがいいです。

makita vacuum cleaner
標準・パワフル・強

床ノズルが幅が小さく、吸い込むだけの穴

床ノズルが小さいのでリビングの狭い棚下にもスイスイ入れます。

回転ブラシはなく、シンプルな吸い込む穴だけです。とても軽く出来ています。吸塵力もフローリング用の掃除機としての申し分のない能力です。

makita vacuum cleaner
マキタのノズルとミーレのノズル

ローラーが付いていませんので、汚れを掻き取りません。長い足のじゅうたんには向いていません。(ミーレの掃除機はローラーがなくても、隙間なくぴったりくっつくのでしっかりじゅたんでもホコリが取れます。じゅうたんも傷めません。)

ヘッドの部分は軽い分、質感はチープですが、床から浮かせる時にストレスがなく扱いやすいです。ソファーの下やベッドの下は、ある程度の幅なら入り込めます。横幅の隙間は、ノズル部分が入ればパイプの長さ分は、余裕で掃除ができます。

より狭い隙間掃除は先端アタッチメントを変えて洗濯機と壁の間などの隙間掃除が出来ます。軽いので、腕への負担も少ないですよ。ソファーの隙間も掃除できます。

角の掃除も十分に取れます。見落としがちな部屋の隅の汚れは、大型の掃除機だと小回りがきかず、ゴミを取りこぼしがちです。マキタの掃除機は、角に砂が溜まらずに、1回でしっかりと吸えます。

紙パック式が便利

ゴミ捨てもゴミが溜まったらポイっと捨てるだけ。紙パック式の取り替えはとても簡単。ゴミの溜まった紙パックごと取り外し、新しいものをはめるだけ。手も空気も汚れにくいのがうれしいです。かなり小さいですが、十分に使えます。購入時にダストボックスが付属されているので、万が一紙パックを使いきってしまっても大丈夫です! 紙パックだけでオンライン購入ができます。10枚で500円ちょっとです。我が家では2週間に一回ぐらいで交換しています。

カプセル式のフィルターは、繰り返し使うことができますが、フィルターの繊維にゴミが絡まることもあり面倒です。私はカプセル式より紙パックがおすすめです。

コードレスでストレスフリー

使ってみてコードレスは手軽です。掃除機に今までに感じたことのない気軽さがあります。

パワフルです

フローリングなら申し分ない吸引力です。人気の理由が分かります。業務用としての出発ですから耐久性もありそうです。

一回の充電で約20分継続使用可能

一回の充電で約20分継続使用可能なので十分掃除できます!マキタの掃除機で20分掃除することはないです。充電時間は4時間近くかかりますが、夜接続していれば問題ないです。寝室に充電器を置いて、切れたら充電しています。3日に1回ぐらいです。

内蔵式バッテリーがおすすめ

掃除機にバッテリーが内蔵されており、スマートフォンの充電のようにコードを差して充電をします。とても簡単です。

他に、バッテリーを取り付けるバッテリー別のCL108タイプもあります。ここがみなさん悩むところだと思います。友達はこれを買いました。バッテリーをつけることで起動します。内蔵式よりハイパワーです。使う頻度にもよりますが、マキタ掃除機のバッテリー充電器の寿命は、1年半~2年。効きが悪くなってきたら、バッテリーを買い替える必要があります。ここが難点ですね。これは内部式でも同じです、マキタ専用の充電器なので、バッテリーのシリーズが同じなら、他のマキタの製品(ドライバーやドリルなど)とバッテリーの共用が可能です。しかしその分ものが増え、生活感が出ます。そもそも、マキタの掃除機にそんなパワーを求めることはないです。軽くて使いやすさです。

私は、内蔵型のCL105で十分だと思います。

高い場所や狭い場所・段差に強い

軽いハンデイタイプなので高いところでも簡単です。エアコン掃除でも気楽にできます。狭いところや段差にも小ささが活躍してくれます。

デメリット

猫の毛はノズルに絡む

猫の毛がブラシにかなり絡まります。長毛の猫の家ではこのブラシ部分は毎回気にしないといけないです。でもこれは、ミーレの掃除機でもブラシに毛は絡まりますね。猫の毛は問題です。

バッテリー充電器の寿命は、1年半~2年

マキタ掃除機のバッテリー充電器の寿命は、1年半~2年。効きが悪くなってきたら、バッテリーを買い替える必要があります。これは内部式でも外部式でも同じです。ここは難点ですね、

ハンディタイプなので、自立しない

途中で置きたくても自立しないので、床に寝かせるかスタンドに戻すという作業が必要です。

掃除途中で充電が切れることも

広い部屋や家じゅうの掃除だと、充電が持たないかもしれません。
製品にもよりますが、充電使用時間は約10~20分です。使い方によっては掃除途中で充電が切れてしまいます。戸建住宅の全部屋掃除機をかける場合などは、途中で充電が切れてしまう可能性もありそうです。1回ごとに掃除機を使う時間がかかる方、家じゅうを掃除したい方は不向きです。2台持ちがいいです。

じゅうたんには不向き

フローリング用なので、ローラーが付いていません。汚れを掻き取りません。、毛足の長いカーペットや絨毯のような長い毛や細い毛の床にはやはり向いていません。カーペットは我が家ミーレでします。

マキタ掃除機のおすすめ機種は


軽さと吸引力のバランスを求めるなら10.8Vシリーズがおすすめです。その中にも3つあります。おすすめは、軽さ重視、値段も一番やすいマキタ充電式クリーナー CL105DWNI10,481円(税込み)を選びました。これが一番だと思います。

軽さと性能のバランスなら10.8Vシリーズ

マキタ内部充電式クリーナー CL105DWN 110,481円(税込)おすすめです!

これが一番の私のお勧めです。まず一番安い。一番軽い。紙パック。内蔵充電。これこそマキタの魅力です。

仕事率パワフルモード:23W、強:14W、標準:5W。バッテリー内蔵式10.8V。内蔵タイプはスッキリとしたフォルムで、本体にコードを差してそのまま充電できる気軽さがうれしいポイント。パワフル・強・標準の3段階に調節でき、標準モードでは23分間の連続使用が可能です。紙パック式だからゴミ捨ても楽チン。バッテリー内蔵式充電時間約180分で連続使用時間パワフル:約8分、強:約12分、標準:約23分吸込み。充電時間は3時間から4時間はかかります。夜充電すれば問題ないです。

マキタ10.8V充電式クリーナー CL108FDSHW 14,843円

CL105との大きな違いはバッテリーが外部式です。掃除機に取り付けて使う充電式です。急速充電22分でできます。あとパワーがあります。しかし急速充電の必要がありません。パワーもフローリングなら全くCL105で問題はないです。

マキタマキタのターボ・60 CL113FDW13,475円(税込)

通販生活特注モデル『マキタ』10.8Vバッテリー内蔵式ハンディ掃除機、『通販生活』コラボモデルです。フローリングと階段掃除を優先させることといいながら、本体は1.3kgとこの3つの中で一番重いです。標準モードでは60分間使用がうたい文句ですが、そんなに必要でしょうか。20分かければ普通の家庭なら十分です。ターボは35Wとパワーがありますがターボでは12分と変わりません。充電時間が従来型の4時間を2時間半に短縮は少し魅力かもしれませんが、普通のCL105で十分だと思います。あとは、ほとんど変わりません。色が赤い色が好きな人にはいいかもしれません。

幅広いラインナップがあるマキタの掃除機

18V充電式クリーナー CL281FDRFWは、約3万円もします。 18Vバッテリーのパワフル吸引が魅力なカプセル式クリーナーです。一般家庭で気軽に使うにはかなり高めです。ちょっとしたゴミをスイスイ使う向きではないと思います。

引っ掛ければハンディタイプも自立する

マキタの掃除機は自立しないハンディタイプなので、置き場所に困ることもあります。我が家では、定位置においていますが、ぶら下げている人も多いようです。また専用のスタンドもセットで売られています。我が家では脱衣所などにおいています。引っ掛けるだけのクイックなスタンド『山崎実業』のタワーシリーズはシンプルなデザインです。シンプルながらもデザイン性の高い『山善』のスタンドもあります。通販生活では、その機種のスタンドも売られています。その家によってオシャレに使いたいですね。

まとめ

今回は、マキタの掃除機CL105を買った理由をみてみました。とても軽くて、今までミーレ掃除機を使っていた私にとっては掃除の概念が変わるくらい楽しいです。しかし、カーペットなどしっかり掃除するときはミーレです。2台持ちがとてもいいです。掃除が楽しくなりました。

【今日の絵】 子ども

絵手紙

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました