新聞紙のゴミ箱を作ろう!おすすめ3つの作り方!

ゴミは必ず出る。

ゴミ箱というものも、家の中で必要かつインテリアだ。

ゴミ箱が汚く一杯だと見苦しい。

かといって、閉まってしまっては使いにくい。

オシャレにうまくゴミ箱を使いこなしたい。

2020年7月からレジ袋が有料化された。

今までのように、簡単にレジ袋が手に入らない。

エコで便利なゴミ箱を新聞紙やチらしで作ってみた。

ただのビニール袋を違い、一味オシャレに感じる。

3つ作り方を紹介したい。

『新聞紙のゴミ袋』折り方・作り方 

テレビのアサイチをみていたら、レジ袋の代わりに、自分でゴミ袋を作ろう!とやっていた。

早速、やってみた。折り紙みたいで面白い。

この袋をゴミ箱の内側にセットすれば、もうビニール袋は必要ない。
新聞には消臭作用があり、丈夫なのでゴミ袋に最高。

超便利でエコ。

袋を広げない状態でストックしておけるのでコンパクトに収納できる。
ぜひ挑戦してみて!

一番大きな新聞紙のゴミ袋!私の一番のおすすめ!

新聞紙のゴミ箱に挑戦

1.一枚の新聞紙

2.半分に折る。

3.手前の一枚の三分の一を手前に折る。(輪でない方)

4.裏返す

5.センターの線に向けて左右で折る。

この時点で、全体の1/4になっているはず。

6.反対側も上の部分を折って終わり。

超簡単!

言葉にすると、分かりにくいが、直感で作ってみて。

便利だ!!

これがノリも使わず一番早い!!

生ゴミ捨てるためのゴミ袋!必需品!

野菜の切り捨てゴミ、調理中の生ゴミも新聞紙のゴミ箱を利用しよう。

新聞紙のゴミ箱で捨てると消臭効果もあり!!

そしてオシャレ!

生ゴミの水分を新聞紙が吸ってくれ、吸った水分は外側から蒸発していくので、ゴミが軽くなる。

さらに、ゴミ処理場で効率良く焼却できる。

濡れた生ゴミを燃やすとゴミ処理場の焼却温度が下がり、エネルギーのロスにつながる。

たくさん作っていけばいくほど、いろいろなアイデアが浮かぶ。

半分に折られた一枚の新聞紙

輪になっている方を約1/3を折る。

裏返して、今度は右側から縦方向に1/3ぐらい折る。

三つ折りにすると思えばいい。

左方向から、また1/3ぐらい折る。

折った部分を右側の中に挟み込む。

裏返す。

上の部分を右左と三角形に折る

そのまま下のポケットになっているところに挟み込む。

逆さに広げれば出来上がりだ!

きっちりマチをつけると自立する。

とても便利だ。たくさん作り置きしている。

応用として、

新聞紙を二枚でおれば、もっとしっかりしたものができる。

卓上にも置ける四角いゴミ箱

新聞紙だけでなくチラシでも作ると用途が広がる。

英字新聞で作ったら、かっこいいだろうな。

これは自立する。

母は、野菜を切る時はよく作っていた。

大きさはいくらでも調節できる。

大きな紙で作れば大きくできるし、小さな紙で作れば小さくなる。

チラシを用意

チラシを4等分におる。

三角に折る

中を開いて、三角に広げる

隣の部分を開く

真ん中に合わせて折る

反対側も折る

この線で折る

反対側も折る

ここがポイント!!!

真ん中を線で破る!

三角部分に入れる。反対側も同様。

出来上がり!!

20秒でできる!

何個も作ってみると面白くなる。

我が家では、枝豆のから入れに必ず使っている。

子供の時、たくさん作った。

特に冬、こたつでみかんの皮入れに使った。

新聞紙は水分や匂いを吸い取ってくれる。

しっかりしたチラシは、水分をすい取らない代わりに水が滴り落ちない。

その時その時に使い分けよう。

レジ袋有料化に伴い、ごみの捨て方も考えるといろいろなアイデアが出る。

身の回りのできる範囲で、見直せるところは見直していきたい。

以上3つが私のお気に入りである。

7月からレジ袋有料化

2020年7月から、レジ袋が有料化された。

廃棄物・資源節約・海洋プラスチックごみ問題地球温暖化などの大切な問題を抑制するための1つの方策だ。

年間900万トンされる国内の廃プラスチックのうちレジ袋の割合は数%。

容器や包装なども含めた全体を減らせるような生活や社会の仕組みが重要だ。

そのために、皆の意識が高まることが大切だ。

コンビニでは一枚3円。

店による格差はあるみたいだ。

レジ袋とは、プラスチック製で、持ち手があり(持つための穴も含む)、中身が商品、ということだそうだ。

プラスチック製でも対象外のものもある

・持ち手なし

・中が景品や試供品

・福袋など袋と商品が一体

・厚みがありなんども使える

・海で分解されるなど環境に配慮

以上のものは、対象外。

必ずエコバックを持ち歩くようになった。

【今日の絵】着物の女の子

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました