玄関の靴箱の湿気取り・臭い対策は

玄関の靴箱の湿気取り・臭い対策は|最近の新聞紙は吸湿しにくい|

靴箱って、臭いも気になるし汚れやすいですよね。

毎日履くものですし、外からの汚れを運んできます。

とても汚いです。

それだけでなく、自分自身の1日の汗がこもり細菌が増殖して嫌な臭いがしたりします。

玄関は家の顔、綺麗にしたいです。

【今日のみどり】 ポトス

緑の色が若々しいポトス

靴箱の中もオシャレに

断捨離の本を読みながら、3月に靴をかなり捨てました。

ものは放って置くと増えますね。

毎年、見直さなければいけないところです。

私の尊敬する断捨離のやましたひでこさんのお家は靴は6足とか。

YouTubeで見ると、本当にスッキリです。

お店の展示用のレイアウトみたいにステキでした。

靴は単にしまうものだという考えが、一変されました。

私は、仕事用、冠婚葬祭用、サンダル、ブーツ、雨用、テニスシューズ、ビーチサンダル、ハイキング用、、、、少なくとも15足はいるでしょう。

仕事用は毎日履くと傷むので2足は要ります。

6足は無理かな??

でも、見せる靴箱と考えると楽しくなります。

靴箱を綺麗にするるポイント4つ!湿気・消臭・入れすぎない・靴底の汚れ

靴箱は大切な靴が休む部屋と考えて、靴にとって居心地の良い環境を作ってあげたいです。

靴箱をキレイに保つポイントは、湿気をためこまない、消臭対策をする、靴を入れすぎない、外からの汚れを取るの4つです。

湿気をためこまない

履いた靴をすぐしまうのは、やめましょう。

どうしてもしまいたい場合は、湿気取りのシリカゲルを両足に入れましょう。

重曹をビンに入れて片隅に置くのもいいでしょう。

2~3カ月を目安に新しいものに交換するとリフレッシュします。

時々靴箱のドアを半日開けて風を通すなど換気に気をつけるとだいぶ違うでしょう。

消臭対策をする

夏場の足の臭いの原因は「細菌」って知っていました?

暑い夏場に汗をかいた足には、細菌が好む水分と塩分がたっぷり!

足の皮膚の外側にある角質から、はがれてできた足の垢が細菌の栄養になるので、夏場はこの細菌が増殖してイヤな臭いの原因になっちゃう。

ましてや、高温多湿な日本では足に適度な温度が加わるから、細菌が繁殖するにはベストな環境になっちゃいます!

そこで消臭インソールを敷いて対策すると効果てきめんです!

「ブリーズブロンズ インソール」は丸洗いもできて足から出てくるイヤ~な臭いを急速分解してくれます。

「菌ピタ君」は備長竹炭という、強い抗菌力を持っています。

「足快シューズドライ」は「珪藻土」(けいそうど)が持っている素晴らしい除湿能力や悪臭の分解能力をフル活用。

以上3つは、人気商品。

いろいろ使って気分を変えてみるのがいいと思います。

靴を入れすぎない

靴を詰め込まず空間を作り空気の通り道を確保することが大切です!

とにかく、断捨離が一番!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1665-300x224.jpg

靴は、季節や天候、仕事、遊び、スポーツ、冠婚葬祭などなど、どうしても増えてしまいます。

バーゲンは、目的がないときは行かないようにしようとつくづく思いました。

バーゲンで買ったものが多いです。

自分の所有靴数を、把握しました。

捨てたものは、気に入って買ってもほとんど履いてない靴。

たとえば、かねまつのパーティー用のピンクのピンヒール。

買うとき楽しくて買ってしまいましたが、ヒールも高くとてもじゃないけれど、履けなません。

健康に良いという疲れない靴、バーゲンで買っちゃいました。

デザインがイマイチで、履きそうもないです。

でも値段が高かったので、捨てにくいんです。

人の家に靴を脱いで上がった時に、恥ずかしくなるような履き込んだ靴は、気に入っていても捨てました。

取っておくと履いてしまいそうなので。

また、スポーツをやると、靴は増えます。

テニスでは、オムニコート用、クレーコート用、ハードコート用があります。

これはしょうがないです。

楽しみは捨てることはないですよね。

捨てたもので多いものに、ビーチサンダルが多かったです。

出かけるたびに買っていたのでしょう。

あと、ウオーキングシューズ。一日一万歩歩くことを目標に、今年のお正月から始めました。

そのためウオーキングシューズも必要になりました。

それで、気に入ったものを次々買ってしまっていました。

2月までは、会社に行く一つ手前の駅で降りて歩いてましたから、かなり簡単に達成できました。

今は、かなり意識しないとできません。

大体1万歩は、2時間弱歩かなければなりません。

1万歩の効果は、動くことが面倒でなくなったことです!!

しかし体重に変化は、残念ながらありません。

なぜかな??やはり、食べ過ぎはいけないのでしょう。

靴に付着してくる外から汚れを取る

こまめな掃除が大切です。

靴箱の汚れは靴に付着してくる外からのゴミや砂です。

スポーツした後の運動靴についてくる泥汚れもあると思います。

なるべく靴箱に入れる前に、はたいて入れます。

スポーツシューズは特に庭ではたきます。

靴箱は、掃除機が一番簡単です。

Sol
Sol

僕は十分寝られるな。

靴の下に新聞紙はみっともない

やましたひでこさんの素敵な靴箱は、新聞紙など下に引かないで直においていました。

確かに新聞紙はかっこ悪いと、改めて気がつきました。

昔の新聞紙と違って今の新聞紙は薄く・軽く・そして(印刷時の)切れにくさが求められる為、大量の樹脂が混入されているそうです。

そのために、新聞紙に消臭効果も吸湿効果も極めて少なくなっているそうです。

言われてみれば昔の新聞紙と明らかに違いますね。

ヨゴレ取りにはもちろんいいですが、新聞紙は見た目もかっこ悪いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1662-224x300.jpg

見せる収納と、考えると何も置かないで直置きが一番かっこいいですが、湿気を吸ってくれる靴箱下におくシートがありました。

これならかっこ悪くなく一石二鳥のような気がします。

それどころか、一石三鳥ぐらいの効果がありそうです。

強力消臭&除湿シート 下駄箱用 8枚セット(1セット)

強力消臭除湿シート 下駄箱用は、中に含まれたB型シリカゲルが下駄箱を除湿し、臭いはもちろんカビも防ぎます。

嫌な臭いの主成分を2時間で約98%除去。

サインがブルーからピンクに変わったら、天日干しすることで繰り返し使用可能です。ハサミでカットもできるので、いろいろな使い方ができそうです。

強力消臭&除湿シート 下駄箱用 8枚セット(1セット)

【強力消臭&除湿シート 下駄箱用 8枚セットの商品詳細】
●旭化成の活性炭入りポリエステル不織布「セミアR」とB型シリカゲルを使用した強力消臭&除湿シート。
●下駄箱内の嫌な臭いの主成分であるイソ吉草酸を2時間で約98%除去して強力消臭します(カケンテストセンターの試験結果より)。
●B型シリカゲルが下駄箱内の湿気を除湿します。
●天日干しを(5時間以上)をすると、消臭機能と除湿機能がほぼ回復し、繰り返し使用できます。
●再生サインシールがブルーからピンクに変わったら天日干しの時期です。
●下駄箱サイズに合わせてハサミでカットできます。

【規格概要】
1枚サイズ:(約)22.5*69cm
材質:活性炭入りポリエステル不織布(旭化成セミアR)、B型シリカゲル、ポリプロピレン不織布

8枚で約5000円。

これは、湿気、消臭、汚れとりと叶えてくれます。

夏場は、毎日同じ靴を履かない

夏は、とにかく毎日同じ靴を履かないことが一番大切です。

靴の水分は、1日では逃げないので毎日同じ靴を履かずに、最低でも靴は2~3足を履き替えるようにしたいです!

足の臭い対策だけじゃなくて、靴が長持ちして経済的ですよ!

1日履いた靴は2~3日は風通しの良い場所に日陰干するのが夏場の足の臭い対策のコツです。

まとめ

今回は、靴箱の中を ”見せる収納” という考え方から見てみました。

新聞紙を活用していた我が家から、スッキリした消臭シートへ変貌しました。

スッキリした靴箱を目指したいです。

Sol
Sol

どうぞ、いらっしゃいませ。

【今日の絵】赤ちゃん

絵手紙

qoosol

コメント

タイトルとURLをコピーしました